◆第14回(2018年)
◆第13回(2017年)
◆第12回(2016年)
◆第11回(2015年)
◆第10回(2014年)
◆第9回(2013年)
◆第8回(2012年)
◆第7回(2010年)
◆第6回(2009年)
◆第5回(2008年)
◆第4回(2007年)
◆第3回(2006年)
◆第2回(2005年)
◆第1回(2004年)


index
■三次選考・公開見学会のご案内
■二次選考会の結果
■二次選考会(木の建築賞発表会)
■一次選考会
■作品・活動募集

2019年度対象地域 関東・甲信・静岡地区

─ 特設WEBサイト ─

■木の建築賞二次選考会の結果

 11月2日静岡市轄イ野製材において行われた二次選考会を通過した11点の作品及び活動は、以下のとおりです。このあと、三次選考<現地視察見学会>がおこなわれ、最終選考会を経て、各賞が決定いたします。

<二次選考通過作品、活動>(11点)
*建築の名称・活動の名称(所在地)/応募責任者

  • 柳小路 南角(東京都)/三井嶺
  • 天竜杉大径木活用プロジェクト(静岡県)/石牧真志
  • 茂木町まちなか文化交流館 ふみの森もてぎ(栃木県)/内田文雄
  • 堯舜国際初等部(栃木県)/中村勉
  • 浦和明の星女子中学・高等学校 カフェテリア棟(埼玉県)/加地則之
  • 梅郷礼拝堂(千葉県)/加藤詞史
  • 東急池上線旗の台駅(東京都)/奥村政樹【メンバーズチョイス賞】
  • 面白法人カヤック様社屋新築工事(神奈川県)/谷尻誠
  • 山泰荘(神奈川県)/日影良孝
  • わらしべの里共同保育所(埼玉県)/古川泰司
  • Shell House / The language of forest/遠野未来

(選考会発表順、一次通過19件中)

*メンバーズチョイス賞:二次選考会時の投票で得票数のもっとも高いもの
*三次選考<現地選考>後、最終選考会を経て、木の建築大賞、木の建築賞、特別協賛賞の各賞が発表されます。

■二次選考会(木の建築賞発表会)

二次選考会は下記の会場で行われます。どなたでも参加出来ますので、木の建築に興味のある方は是非ご参加ください。(申込は不要です。当日会場の受付にお越し下さい) 

○日 時:11月2日(土)10:00〜18:00(予定)
○会 場:(株)佐野製材(静岡市駿河区用宗小石町4-20)
○参加費:無料、当日参加大歓迎(申込み不要)

○プログラム:
10:00〜 開会・木の建築賞委員長
挨拶・選考委員紹介等
10:30〜12:00 プレゼンテーション
12:00〜13:00 昼食
13:00〜14:45 プレゼンテーション
14:45〜15:00 休憩
15:00〜16:30 プレゼンテーション
16:30〜16:45 投票・休憩
16:45〜18:15 統括討論会・選考決定・閉会

▼懇親会(情報交換会)

○日 時:11月2日(土)18:30〜20:30
○場 所:
 武島料理店 にて
 静岡県静岡市駿河区用宗2丁目13-9
 電話:054−259−9848
○参加費:6,000円

○申 込:メールにて受付いたします
E-mail:kinokenchikusyou@gmail.com
件名は「木の建築賞 懇親会参加」としてください。
参加費は、当日受付にて承ります。

<協賛のお願い>
第15回木の建築賞への協賛を引続き、受け付けております。本事業の趣旨をご理解いただき、多くの皆様にご支援をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

■一次選考会

一次選考会の様子

 今年で第15回を迎える木の建築賞は関東・甲信・静岡地区の作品・活動を対象に行われます。7月1日から始まった応募総数は29作品・活動となり、先日行われた一次選考会にて19作品・活動が二次選考会へと進むことになりました。
 一次選考会は、応募者が準備したA4・2枚の建築・活動シートを机の上に並べ、選考委員が最終確認を行いながら一人10票の投票を行いました。全員の投票が終わった所で集計し、通過の19作品・活動が選ばれました。同票、もしくは僅差の作品・活動は再投票が行われ、その際にはその作品・活動に投票した選考委員の講評も加わり、選考委員による討論が行われました。
 今回も住宅、施設、リノベーション、活動などの様々な規模や用途の作品の応募がありました。例年施設建築は教育関連の応募が多くありますが、今回は公共機関の施設や事務所などの応募が多くありました。一次選考を通過した19組の作品・活動は、11月2日に行われる二次選考会へと進みます。大会のメインでもある二次選考会では、応募者による10分間のプレゼンテーションが行われ、当日最終選考(現地選考)に進む作品・活動が選ばれます。
 二次選考会はどなたでも参加出来ますので、木の建築に興味のある方は是非ご参加ください。(申込は不要です。当日会場の受付にお越し下さい)

■第15回木の建築賞 関東・甲信・静岡地区の作品・活動募集

 「いま、求められる木の建築・活動とは」というテーマの解釈は、それぞれの取り組みによって異なります。「建築」であれば、人々に快適な場を提供する、建築デザインと空間構成、環境に対する考え方、それらを支える技術、その建築の持つ社会性などがあげられ、「活動」であれば、森林の育成に結びついた木材の利用、品質向上に関する技術開発とシステムの構築、伝統技術の継承、木の持つ良さを社会にアピールする運動や、活動を通じた社会への貢献などがあげられるかもしれません。「木の建築賞」は、このような観点から木に関心のある人たちに応募を呼びかけ、優秀な建築・活動を顕彰することにより、木造文化の向上に寄与することを目的としています。「いま、求められる木の建築・活動とは」を共に考えませんか。

第15回木の建築賞 大会概要

○応募対象地域(建築物の所在地、又は活動地域)
関東・甲信・静岡地区
(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、長野県、山梨県、静岡県)

○応募作品・活動
木材を主体とした建築作品または木材利用に関わる活動。(建築物の用途・規模は問いません)

○応募期間
2019年7月1日(月)〜8月16日(金)  ※7月31日までにエントリー

○選考方式

  1. 一次選考<書類選考>
  2. 二次選考<木の建築賞発表会>
    (応募者プレゼンテーション+統括討論会) 
    日時:2019年11月2日(土)10:00〜18:00
    会場:(株)佐野製材(静岡県静岡市駿河区用宗小石町4-20)
    ※二次選考終了後、情報交換会(懇親会)を行います。(費用 ¥5,000予定)
  3. 三次選考<公開現地審査会>
  4. 最終選考会
    ※二次選考、三次選考は公開にて行われますので、どなたでも参加することが出来ます。(無料)

○その他応募の詳細は下記のURLにてご確認ください。
URL:
http://kinokenchikusyou.com

○賞

  • 木の建築大賞……1点
  • 木の活動賞……1点
  • 木の建築賞(選考委員特別賞)……1〜2点
  • 木の建築賞(木の住宅賞)……1点
  • 木の建築賞(協賛賞)応募作品、活動の内容に応じて賞名を付け、協賛者より送られる賞……数点
  • 木の建築賞(入賞)……数点
  • メンバーズチョイス賞……二次選考会時の投票で得票数が最も多いものを表彰する。メンバーズチョイス賞に限り、他賞とのダブル受賞があり得る。

○選考委員(敬称略・50音順)
・選考委員長
三澤文子/MSD 代表
・選考委員
安藤邦廣/里山建築研究所 主宰・筑波大学名誉教授
泉 幸甫/建築家・日本大学客員教授
杉本洋文/(株)計画・環境建築代表取締役
槌本敬大/国立研究開発法人建築研究所材料研究グループ 上席研究員
速水 亨/速水林業代表・(一社)日本林業経営者協会 顧問
藤原 敬/(一社)ウッドマイルズフォーラム理事長・(財)林業経済研究所 所長
松井郁夫 /(株)松井郁夫建築設計事務所 所長
南 雄三 /住宅技術評論家
安井 昇 /桜設計集団一級建築士事務所 代表
山崎真理子/名古屋大学大学院生命農学研究科 准教授
山辺豊彦/山辺構造設計事務所 代表

○協賛のお願い
第15回木の建築賞への協賛を受け付けております。多くの皆様のご支援をいただけますよう、宜しくお願い申し上げます。
◆協賛のタイプ
特別協賛:冠賞 ¥300,000-
A協賛:¥100,000-  B協賛:¥50,000-
◆協賛の特典
特別協賛:協賛いただいた企業・団体様の主旨に合せた冠賞を設けさせていただき、選考委員によって厳選されます。選ばれた作品と賞名は木の建築フォラムの情報誌をはじめ、広く各メディアにて紹介されます。
特別協賛・協賛:二次選考会で配布する作品集にPRページを設けさせていただきます。木の建築賞ホームページにて協賛各社のご紹介をいたします。

○申込先・問合先
NPO木の建築フォラム事務局
〒112-0004
東京都文京区後楽1-7-12 林友ビル4階
E-mail:kinokenchikusyou@gmail.com
URL:http://www.forum.or.jp/
TEL:03-5840-6405
FAX:03-5840-6406
【振込先】
三菱UFJ銀行 築地支店 普通 1080392
特定非営利活動法人 木の建築フォラム