◆第12回(2016年)
◆第11回(2015年)
◆第10回(2014年)
◆第9回(2013年)
◆第8回(2012年)
◆第7回(2010年)
◆第6回(2009年)
◆第5回(2008年)
◆第4回(2007年)
◆第3回(2006年)
◆第2回(2005年)
◆第1回(2004年)


index
■結果発表〜入賞作品・活動〜/次回予告
■三次選考・公開見学会のご案内
■二次選考会(木の建築賞発表会)
■一次選考会
■作品・活動募集

2017年度 対象地域 近畿・中部地区

─ 特設WEBサイト ─

■いま、求められる木の建築・活動とは

木の建築賞は、木の建築に関わる者が自らの仕事や活動を発表し、相互に評価するとともに、賞の選考過程をこれからの木の建築のあるべき方向を探る議論の場です。

■第13回 木の建築賞 結果発表

 本年度は、金沢工業大学の皆さんの協力のもと、金沢片町にて、いま、求められる木の建築・活動とはを考えました。第13回木の建築賞は、下記の日程で進められました。

■2017年8月24日:一次選考会(書類選考)
■2017年10月28日:二次選考会(木の建築賞発表会・統括討論会)
■2017年11月上旬〜12月下旬:三次選考会(現地審査見学会)
■2018年1月18日:最終選考会

第13回木の建築賞 入賞作品・活動 決定!

*建築の名称・活動の名称/応募責任者

■木の建築大賞
香美町立村岡小学校・村岡幼稚園
今井信博(株式会社現代計画研究所)
■木の活動賞・メンバーズチョイス賞
かしも木匠塾
中島大地(株式会社中島工務店)
■木の建築賞(やま・もり再生賞)
五條市上野公園総合体育館(シダーアリーナ)
田村光雄(五條市)
■木の建築賞(集成材建築賞)
こじまこども園
宮原亮(株式会社エムアーキ)
■木の建築賞(ムクファースト崇秀記念賞)
日本キリスト教団小松教会
山内康子(山内康子設計室)
■木の建築賞(木と住まいの建築賞)
池の見える家
宇野勇治(宇野総合計画事務所/愛知産業大学)
■木の建築賞(自然との共生住宅賞)
里山の風景に息づく丸太の住まい
谷重義行(谷重義行建築像景)
■木の建築賞(木の住宅賞)
木組みの家
上野英二(オークヴィレッジ木造建築研究所(オークヴィレッジ株式会社))
■木の建築賞(選考委員特別賞)
新城市立作手小学校・つくで交流館
久保久志(株式会社東畑建築事務所)
■木の建築賞・メンバーズチョイス賞
CLTcafe´
内海彩(内海彩建築設計事務所)
■木の建築賞
しそう杉の家−播磨地域における里山の循環型住居システム−
三渡眞介(株式会社山弘)

※メンバーズチョイス賞は、二次選考会時の得票数が最も多い作品(活動)です。
※詳しくは『NPO木の建築46号』の特集をご覧ください。

会員の皆様をはじめ、多くの方々のご支援があって、木の建築賞を開催することができました。この場をかりて厚く御礼を申し上げます。


〜第14回木の建築賞開催予告〜

1)応募対象地域 中国・四国・九州・沖縄地区(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県、大分県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)
2)スケジュール
応募エントリー 7月1日〜7月31日
応募書類受付  8月1日〜8月17日
一次選考会   8月下旬
二次選考会   10月下旬
現地選考    11月上旬〜12月下旬
最終選考会   1月中旬


詳細は木の建築賞ホームページでお知らせいたします。
http://kinokenchikusyou.com/
沢山のご応募お待ちしております。

(木の建築賞事業幹事 山阜虫。)

■三次選考・公開見学会のご案内

三次選考では、二次選考を通過した作品・活動の現地審査が行われます。
前年度から三次選考の現地審査を一部公開し、一般の方々も見学することが出来ます。
ご興味のある方はこちらをご覧ください。
【問合先】木の建築フォラムTel:03-5840-6405

<二次選考通過作品・活動>(11点)
※建築・活動の名称(所在地)/応募責任者

  • 里山の風景に息づく丸太の住まい(石川県)/谷重義行
  • 池の見える家(愛知県)/宇野勇治
  • 香美町立村岡小学校・村岡幼稚園(兵庫県)/今井信博
  • こじまこども園(愛知県)/宮原亮
  • 新城市立作手小学校・つくで交流館(愛知県)/久保久志
  • 五條市上野公園総合体育館(シダーアリーナ)(奈良県)/田村光雄
  • CLT cafe´(兵庫県)/内海彩【メンバーズチョイス賞】
  • 日本キリスト教団 小松教会(石川県)/山内康子
  • しそう杉の―播磨地域における里山の循環型住居システム―(兵庫県)/三渡眞介
  • かしも木匠塾(岐阜県)/中島大地【メンバーズチョイス賞】
  • 木組みの家(愛知県)/上野英二

(選考会発表順、一時通過21件中)

*公開二次審査 参加者約60名。2017年10月28日石川県金沢市片町金沢学生のまち市民交流館にて開催されました。
*メンバーズチョイス賞:二次選考会時の投票で得票数のもっとも高いもの
*三次選考<現地審査>後、最終選考会を経て、木の建築大賞、木の建築賞、特別協賛賞の各賞が発表されます。

■二次選考会(木の建築賞発表会)

 二次選考会は下記の会場で行われます。どなたでも参加出来ますので、木の建築に興味のある方は是非ご参加ください。(申込は不要です。当日会場の受付にお越し下さい)

○日 時:10月28日(土)10:00〜18:15(予定)
○会 場:金沢学生のまち市民交流館 交流ホール(〒920-0981 金沢市片町2丁目5番17号)
○参加費:無料、当日参加大歓迎(申込み不要)

○プログラム(予定):
10:00〜 開場
10:15〜10:30 開会・木の建築賞委員長
挨拶・選考委員紹介
10:30〜12:00 プレゼンテーション
12:00〜13:00 昼食
13:00〜15:00 プレゼンテーション
15:00〜15:15 休憩・ティーブレイク
15:15〜17:00 プレゼンテーション
17:00〜17:15 投票・休憩
17:15〜18:15 統括討論会・選考決定・閉会

▼懇親会(情報交換会)

○日 時:10月28日(土)18:30〜20:30
○場 所:紙屋市べゑ にて / 石川県金沢市片町1-8-21 / 電話:076-262-6006
○参加費:5,000円
○申 込:メールにて受付いたします
E-mail:kinokenchikusyou@gmail.com
件名は「木の建築賞 懇親会参加」としてください。
参加費は、当日受付にて承ります。

※選考委員の杉本洋文氏は、自身の関わる作品が応募される関係で選考委員を辞退されました。
※木の建築賞二次選考会参加の方
宿泊ホテルは、参加者の皆さま個人にてお申込みください。精算等も各自でお願いします。

<協賛のお願い>
第13回木の建築賞への協賛を引続き、受け付けております。本事業の趣旨をご理解いただき、多くの皆様にご支援をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

■一次選考会

一次選考会の様子

 今年で第13回を迎える木の建築賞は近畿・中部地区の作品・活動を対象に行われます。7月1日から始まった応募総数は42作品・活動となり、先日行われた一次選考会にて21作品・活動が二次選考会へと進むことになりました。
 一次選考会は、応募者が準備したA4・2枚の建築・活動シートを机の上に並べ、選考委員が最終確認を行いながら一人10票の投票を行いました。全員の投票が終わった所で集計し、通過の21作品・活動が選ばれました。同票、もしくは僅差の作品・活動は再投票が行われ、その際にはその作品・活動に投票した選考委員の講評も加わり、選考委員同士による討論が行われました。
 今回の応募も住宅、学校、施設、事務所・店舗、リノベーション、集成材・構法、その他建築、などの様々な規模や用途の作品が多数集まった為、それぞれをグループに分けながら選考を行いました。また、構造やパッシブ技術の利用、環境配慮などについても各選考委員からの講評が加わり、二次選考につながる課題を見つけながらの選考会になりました。
 一次選考を通過した21組の作品・活動は、10月28日に行われる二次選考会へと進みます。大会のメインでもある二次選考会では、応募者による10分間のプレゼンテーションが行われ、当日最終選考(現地選考)に進む作品・活動が選ばれます。

■第13回 木の建築賞 近畿・中部地区の作品・活動募集

 「いま、求められる木の建築・活動とは」というテーマの解釈は、それぞれの取り組みによって異なります。「建築」であれば、人々に快適な場を提供する、建築デザインと空間構成、環境に対する考え方、それらを支える技術、その建築の持つ社会性などがあげられ、「活動」であれば、森林の育成に結びついた木材の利用、品質向上に関する技術開発とシステムの構築、伝統技術の継承、木の持つ良さを社会にアピールする運動や、活動を通じた社会への貢献などがあげられるかもしれません。「木の建築賞」は、このような観点から木に関心のある人たちに応募を呼びかけ、優秀な建築・活動を顕彰することにより、木造文化の向上に寄与することを目的としています。「いま、求められる木の建築・活動とは」を共に考えませんか。

第13回木の建築賞 大会概要

○応募対象地域(建築物の所在地、又は活動地域)
近畿・中部地区

○応募作品・活動
木材を主体とした建築作品または木材利用に関わる活動。(建築物の用途・規模は問いません)

○応募期間
2017年7月1日(土)〜8月17日(木)
※7月31日までにエントリー

○選考方式

  1. 一次選考<書類選考>
  2. 二次選考<木の建築賞発表会>
    (応募者プレゼンテーション+統括討論会) 
    日時:2017年10月28日(土)9:30〜18:15
    場所(予定):金沢学生のまち市民交流館交流ホール
    ※二次選考終了後、情報交換会(懇親会)を行います。(費用 ¥5,000-)
  3. 三次選考<現地視察見学会>
  4. 最終選考会
    ※二次選考、三次選考は公開にて行われますので、どなたでも参加することが出来ます。(無料)

○エントリー、その他の詳細は下記のURLにてご確認ください。
URL:
http://kinokenchikusyou.com

○賞

  • 木の建築大賞……1点
  • 木の建築賞(選考委員特別賞)……1〜2点
  • 木の活動賞……1点
  • 木の建築賞(木の住宅賞)……1点
  • 木の建築賞(協賛賞)応募作品、活動の内容に応じて賞名を付け、協賛者より送られる賞……数点
  • 木の建築賞(入賞)……数点
  • メンバーズチョイス賞……二次選考会時の投票で得票数が最も多いものを表彰する。メンバーズチョイス賞に限り、他賞とのダブル受賞があり得る。

○選考委員(敬称略・50音順)
・選考委員長
三澤文子/MSD 代表
・選考委員
安藤邦廣/里山建築研究所 主宰・筑波大学名誉教授
泉 幸甫/泉幸甫建築研究所・日本大学 教授
杉本洋文/(株)計画・環境建築代表取締役・東海大学 教授
槌本敬大/国立研究開発法人建築研究所材料研究グループ 上席研究員
速水 亨/速水林業代表・(一社)日本林業経営者協会 顧問
藤田香織/東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 准教授
藤原 敬/(一社)ウッドマイルズフォーラム 理事長・(財)林業経済研究所 所長
松井郁夫/(株)松井郁夫建築設計事務所 所長
南 雄三/住宅技術 評論家
安井 昇/桜設計集団一級建築士事務 代表
山崎真理子/名古屋大学大学院生命農学研究科 准教授
山辺豊彦/山辺構造設計事務所 代表
・客員選考委員
後藤正美/金沢工業大学環境・建築学部建築系建築学科 教授
垂水弘夫/金沢工業大学環境・建築学部建築系建築学科 教授
横内敏人/(有)横内敏人建築設計事務所 所長・京都造形芸術大学 教授
藤岡龍介/藤岡龍介建築研究室 代表

○協賛のお願い
第13回木の建築賞への協賛を受け付けております。多くの皆様のご支援をいただけますよう、宜しくお願い申し上げます。
◆協賛のタイプ
特別協賛:冠賞 ¥300,000-
A協賛:¥100,000-  B協賛:¥50,000-
◆協賛の特典
特別協賛:協賛いただいた企業・団体様の主旨に合せた冠賞を設けさせていただき、選考委員によって厳選されます。選ばれた作品と賞名は木の建築フォラムの情報誌をはじめ、広く各メディアにて紹介されます。
特別協賛・協賛:二次選考会で配布する作品集にPRページを設けさせていただきます。木の建築賞ホームページにて協賛各社のご紹介をいたします。

○申込先・問合先
NPO木の建築フォラム事務局
〒112-0004
東京都文京区後楽1-7-12 林友ビル4階
E-mail:kinokenchikusyou@gmail.com
URL:http://www.forum.or.jp/
TEL:03-5840-6405
FAX:03-5840-6406
【振込先】
三菱東京UFJ銀行 築地支店 普通 1080392
特定非営利活動法人 木の建築フォラム

(木の建築賞事業幹事:山阜虫。)