ジャパンカップ
−公式ホームページはこちら−

※公式ホームページの情報が最新となりますので、必ずご確認下さい。

  
  
  ◆2015年ジャパンカップ
  ◆2014年ジャパンカップ
  ◆2013年ジャパンカップ
  ◆2012年ジャパンカップ
  ◆2011年ジャパンカップ
  ◆2010年ジャパンカップ
  ◆2009年ジャパンカップ
  ◆2008年ジャパンカップ
  
  
  

■ 木造耐力壁ジャパンカップとは

木造耐力壁ジャパンカップは、実物大の木造耐力壁を組立て、足元を固定した状態でどちらか一方の壁が破壊するまで、桁を互いに引き合わせて対戦させるイベントです。

index
第19回 木造耐力壁ジャパンカップ
■結果報告
■公募案内

■2016年度 第19回木造耐力壁ジャパンカップ結果報告

本大会は、9月17日(土)〜19日(月)、静岡県富士宮市の日本建築専門学校で開催されました。
参加チーム数は10チームで、予選会は、耐力壁の見かけのせん断変形角が1/60radまで荷重を負荷し、その荷重の大きい順に1番から8番までのシード権を得るという形式で行いました。
1番シードは(株)ポラス暮し科学研究所[軌条(キジョウ)]で、下図のとおり決勝トーナメント1回戦の対戦相手が決まりました。残念ながら、初参加の日本工学院専門学校、常連の日本建築専門学校はシード権を獲得できませんでした。


各賞の受賞者(チーム名/壁名)は次の通りです。

◇ トーナメント優勝
kiba勝timbers[東京木場製材(協)+東日本パワーファスニング(株)+東京大学木質材料学研究室)/HAMEX
◇ ジャパンカップ総合優勝
四国職業能力開発大学校/壁 SANUKI
◇ 耐震部門
kiba勝timbers[東京木場製材(協)+東日本パワーファスニング(株)+東京大学木質材料学研究室)/HAMEX
◇ デザイン部門
kiba勝timbers[東京木場製材(協)+東日本パワーファスニング(株)+東京大学木質材料学研究室)/HAMEX
◇ 加工、施工部門
四国職業能力開発大学校/壁 SANUKI
◇ 環境部門
四国職業能力開発大学校/壁 SANUKI
◇ 審査員特別賞
ポラス建築技術訓練校/シャバドゥビ


 トーナメント優勝は、kiba勝timbers(学生と社会人の混合チーム)で、最大荷重47.25kN、最大荷重時変位400o(1/7rad)という強く・粘る壁で、第1シードのポラス暮らし科学チームを打ち破り、耐震部門、デザイン部門も受賞しました。ジャパンカップ総合優勝は、コストパフォーマンスが最も優秀な壁に与えられる栄誉で、四国職業能力開発大学校/壁SANUKIが獲得しました。四国能開大チームも常連で、地場のスギやヒノキの製材のみを用いた壁で参加しています。過去に部門賞を得たことがありますが、総合優勝は初受賞、併せて加工・施工部門、環境部門も受賞しました。審査委員特別賞は、十代の大工チームの頑張りが評価されたポラス建築技術訓練校/シャバドゥビが受賞しました。
 また、今回から各賞のトロフィーが木製(ヒノキ)になりました。デザインは後援いただいている住・木センターの古久保理事長です。各対戦の様子は公式サイトでご覧下さい。

(木造耐力壁ジャパンカップ事業幹事:小野泰)

■第19回 木造耐力壁ジャパンカップ開催案内

 本大会は、実物大の木造耐力壁を組立て、足元を固定した状態で双方の桁を引き合わせ、どちらか一方の壁が破壊するまで加力する対戦型のイベントです。今年度は19回目で、これまで同様に一般公募16体によるトーナメント戦を次の日程で行います。

9月17日(土) 予選1日目
9月18日(日) 予選2日目
9月19日(月) 決勝戦

 この数年、教育機関からの出場も多くなり、例年通りの賑わいとなることを期待しております。開催場所は、例年通り静岡県富士宮市にある日本建築専門学校です。富士山の麓にあり、山頂が間近に見える場所に位置しています。富士山観光を兼ねてご来場ください。

 申込期間は、6月1日(水)〜7月15日(金)となっております。

 申込期間中でも、申し込み(参加費の振込手続きを含む)数が16チームになった時点で締め切ります。参加ご希望の方はお早めにお申し込みください(昨年度の出場者を優先する申し込み日程を設定いたします)。なお、16体でのトーナメント戦となっているため、申し込み後の辞退は運営に大いに支障をきたしますので、申し込みされた方は必ず出場くださるようお願いいたします。

 競技ルールについては施工・解体作業時のメンバー交代について変更いたしました。

 公示日(5月2日)に、募集要項、エントリーシート及びデータシートの各種ファイルを、下記のWEBサイト上に公開いたします。募集要項をダウンロードして詳細をご確認ください。

http://be-do-see.com/tairyokuhekiJC/press/

(木造耐力壁ジャパンカップ実行委員:岩崎敏之)