催物の案内
  出版物の案内
  会員だより
 ◆雑木林とは
  • 会員の皆様の活動紹介の場です。日頃の活動報告や催し物のご案内などがありましたら事務局にお問合せください。
 ◆雑木林 活用の注意とお願い
  • 原稿は、ワードなどデジタルデータで500文字以内。(写真も含め)
  • 締切は10日。月末に掲載。
  • 会員からの情報に限る。
    E-mail:office@forum.or.jp
 ◆催物の案内

佐久間順三<正会員>No.2951

『佐久間順三流 SUISUIわかる木造住宅の
 耐震診断|耐震補強設計|補強工事の勘所』
 出版記念講演会

本の出版を記念して講演会を開催します。本書は,『木造住宅の耐震診断と耐震補強』を基本に,耐震診断と耐震補強をするための手引き書です。実際に診断や補強業務をする場合に,必要な手続きの進め方,現地調査や補強工事について,筆者の微に入り細にわたるノウハウが盛り込まれています。工務店などの建築技術者ならびにエンドユーザーが本書を活用して,安全な耐震補強の住宅づくりに活用されることを期待しております。興味のある方はぜひご参加ください。

■日 時 12 月16 日(土) 13 時30 分〜16 時30 分
■場 所 埼玉建産連研修センター200 室
(埼玉県さいたま市南区鹿手袋4-1-7)
■参加費 2000 円(テキスト代は除く)
■テキスト 「佐久間順三流 SUISUI わかる木造住宅の
 耐震診断|耐震補強設計|補強工事の勘所」
■申込・
 その他詳細
>> PDF

財満やえ子<正会員>No.0431

第62回「木の文化フォーラム」のご案内

 テーマ:デンマーク・家具デザイナーの系譜
〜家具のデザインから読み解くデンマーク人の暮らしの変遷〜


今年(2017年)は、デンマークと日本の外交関係樹立150周年。それに合わせて、デンマーク・デザイン展の巡回展が始まっています(*)。この節目の年にあたって、デンマーク留学の経験があり、デンマーク・デザインに造詣の深い多田羅景太さん(京都工芸繊維大学助教)に、デンマーク家具デザイナーの系譜についてお話いただきます。多田羅さんが日本語訳の協力をされた、ボーエ・モーエンセンのドキュメンタリー映像「Borge Mogensen DESIGN FOR LIFE」も上映します。どなたでもご参加いただけます。皆様どうぞお越しください。
*2017/9/9〜11/12:静岡市美術館、11/23〜12/27:東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館

■講 師 多田羅景太(たたら けいた)
■日 時 2017年12月9日(土)14:00〜17:00
■会 場 東京家政学院大学・三番町校舎(東京都千代田区三番町22)
1号館1214教室(正門から向かって左側校舎2階)
■アクセス JR、東京メトロ「市ヶ谷駅」から徒歩約7分(地下鉄 A3番出口)
東京メトロ「半蔵門駅」から徒歩約7分(5番出口)
■参加費 1000円(フォーラム会員と学生は500円)
■申 込 参加ご希望の方は、12月7日(木)までに下記の「木の文化フォーラム」ウェブサイト(「木の文化フォーラム」で検索)よりお申込みください。
https://kinobunka2002.wixsite.com/forum
※フォーラム終了後、講師を囲んで懇親会を行います。こちらも、どなたでもご参加いただけます(参加申込は当日受付)。

日本集成材工業協同組合<賛助会員>No.2912

集成材建築物設計セミナーのご案内

実務者等が中大規模木造建築の設計・施工により幅広く取り組むための講習会を開催します。
集成材の特性、性能、構造設計、防耐火設計、集成材利用等の実務面からのポイントと課題を学ぶセミナーです。

■開催日時 2017年9月15日(金)11:00〜16:30
■会 場 新木場木材会館 7階ホール(東京都江東区新木場1-18-8)
■アクセス JR京葉線・地下鉄有楽町線・りんかい線「新木場駅より徒歩5分」 
■参加費 1,000円(資料代等) 懇親会費:※参加希望者は3,000円
■その他詳細・
 申込方法
下記申込用紙に必要事項をご記入の上、日本集成材工業協同組合にFAXまたはメールしてお送りください。
>> 詳細・申込用紙 PDF

財満やえ子<正会員>No.0431

第61回「木の文化フォーラム」のご案内

 テーマ:作り手から見たウィンザーチェア

今年の夏から秋にかけて、国内で所蔵されているウィンザーチェアやヨーロッパの伝統的な椅子の名品を100脚近く展示する「ウィンザーチェア 日本人が愛した英国の椅子」展が、長野県信濃美術館(7/1〜8/27)と東京・駒場の日本民藝館(9/7〜11/23)で開催されます。61回「木の文化フォーラム」は、日本民藝館での開催に合わせて、ウィンザーチェアタイプの椅子を製作されている木工家・小島優さんをお招きし、「作り手から見たウィンザーチェア」のテーマでお話していただきます。
200年以上前に椅子づくりを手掛けた職人たちの技や、削り跡や木取りから推測できる職人の思いや道具の使い方などについて、作り手の立場からウィンザーチェアの構造やデザイン、魅力などについて語ってもらいます。
どなたでもご参加いただけます。皆様どうぞお越しください。

■講 師 小島優(こじま あつし)
■開催日時 2017年9月9日(土)14:00〜17:00
■会 場 東京家政学院大学千代田三番町キャンパス1号館1304教室
http://www.kasei-gakuin.ac.jp/guide/re_chiyoda.html
■アクセス JR、東京メトロ有楽町線・南北線、都営地下鉄新宿線
「市ヶ谷駅」から徒歩約7分(地下鉄 A3番出口)
・東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」から徒歩約7分(5番出口)
http://www.kasei-gakuin.ac.jp/site/access.html
■参加費 1000円(フォーラム会員と学生は500円)
■申 込 参加ご希望の方は、9月7日(木)までに木の文化フォーラムサイトよりお申込みください。
https://kinobunka2002.wixsite.com/forum
※フォーラム終了後、講師を囲んで懇親会を行います。
 こちらも、どなたでもご参加いただけます(参加申込は当日受付)。

滝口泰弘<正会員>No.2725

ウッドマイルズフォーラム2017
『これからの地域は何を目指すべきか〜森林・木材・建築を中心に』

(特別講演:内山節氏/哲学者・NPO法人森づくりフォーラム代表理事)

ウッドマイルズフォーラムでは、木材の地産池消をテーマに、地域材や顔の見える木材を推進してきました。 昨今、公共施設への木材利用拡大、グリーンウッド法の成立、木材自給率の向上など、わが国の林業や木材産業は活性化しつつあるように思われます。
一方、人口減少、限界集落、超高齢化社会といった新たな様々な問題が至る所で現実化しており、また、東日本大震災や熊本地震に代表される自然災害も頻発する時代になり、改めて地域社会とは何かを考える必要があるのではないでしょうか。
ウッドマイルズフォーラム2017では、哲学者、内山節氏をお招きし、これからの地域をどのように考えるべきか、何を目指すべきかについて議論を深めたいと思います。

■日 時 2017年7月18日(火)
■場 所 文京シビックセンター 26F スカイホール
(東京都文京区春日1-16-21)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html
■参加費 ウッドマイルズフォーラム会員・学生/無料 一般/1,000円
■定 員 100名(先着順)
■対象者 どなたでもご参加頂けます
■締 切 2017年7月11日(火)
■申込み 下記、開催チラシ裏面の申込書に必要事項をご記入の上、ウッド
マイルズフォーラム事務局までFAX又はメールにてご連絡下さい。
>> 申込用紙(PDF)

財満やえ子<正会員>No.0431

第60回「木の文化フォーラム」のご案内

 テーマ:フィンランド・デザインの系譜
〜フィンランドの木の伝統文化とタイムレスデザイン〜


今年(2017年)は、フィンランド独立100周年。
 それに合わせて、フィンランド・デザイン展の巡回展が始まっています。
この節目の年にあたって、フィンランド・デザインに造詣の深い井生文隆さん(山口県立大学名誉教授)に、木の伝統文化が、アアルトやタピオヴァーラなどの近代のフィンランド・デザインにどのような影響をもたらしたかなどについてお話いただきます。
どなたでもご参加いただけます。皆様どうぞお越しください。
る久津輪雅さんに、黒田が惹かれた椅子の魅力や歴史などについて語ってもらいます。50年前に撮影された、黒田のスペイン訪問時の貴重な映像も上映します。
 どなたでもご参加いただけます。皆様どうぞお越しください。

■日 時 2017年3月11日(土)14:00〜17 :00
■講 師 井生文隆(いお ふみたか)山口県立大学名誉教授。
■開催日時 2017年6月10日(土)14:00〜17:00
■会 場 東京家政学院大学千代田三番町キャンパス1号館1304教室
http://www.kasei-gakuin.ac.jp/guide/re_chiyoda.html
■アクセス JR、東京メトロ有楽町線・南北線、都営地下鉄新宿線
「市ヶ谷駅」から徒歩約8分(地下鉄 A3番出口)
・東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」から徒歩約8分(5番出口)
http://www.kasei-gakuin.ac.jp/site/access.html
■参加費 1000円(フォーラム会員と学生は500円)
■申 込 参加ご希望の方は、6月8日(木)までに木の文化フォーラムサイトよりお申込みください。
https://kinobunka2002.wixsite.com/forum
※フォーラム終了後、講師を囲んで懇親会を行います。
 こちらも、どなたでもご参加いただけます(参加申込は当日受付)。

財満やえ子<正会員>No.0431

第59回「木の文化フォーラム」のご案内

 年が明けて春の待たれるこの頃、ご健勝にお過ごしのことと存じます。
 今回のテーマは「黒田辰秋とゴッホの椅子」。人間国宝の木工芸家・黒田辰秋は「皇居の椅子」の製作を始める前、アンダルシア地方に伝わる、生木で組んだ編み座の椅子を調査するためにスペインを訪れました。その椅子は、ゴッホの「アルルの寝室」の絵に描かれ、「ゴッホの椅子」として知られています。
 昨年出版された『ゴッホの椅子』(誠文堂新光社)の著者である久津輪雅さんに、黒田が惹かれた椅子の魅力や歴史などについて語ってもらいます。50年前に撮影された、黒田のスペイン訪問時の貴重な映像も上映します。
 どなたでもご参加いただけます。皆様どうぞお越しください。

■日 時 2017年3月11日(土)14:00〜17 :00
■テーマ 黒田辰秋とゴッホの椅子
■講 師 久津輪 雅〔岐阜県立森林文化アカデミー准教授〕
■会 場 東京家政学院大学・三番町校舎(東京都千代田区三番町22)
1号館1214教室(正門左側校舎2階)
http://www.kasei-gakuin.ac.jp/guide/re_chiyoda.html
■アクセス JR、東京メトロ有楽町線・南北線、都営地下鉄新宿線
「市ヶ谷駅」から徒歩約8分(地下鉄 A3番出口)
・東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」から徒歩約8分(5番出口)
http://www.kasei-gakuin.ac.jp/site/access.html
■参加費 1000円(資料代等、フォーラム会員と学生は500円)
■申 込 参加希望の方は、3月8日(水)までに下記事務局へお知らせ下さい。
■事務局 木の文化フォーラム事務局
財 満 や え 子
Zaima Yaeko
財満住環境設計室
〒151-0071 東京都渋谷区本町1−59−4−301
Tel.03‐3377‐8655  Fax.03‐3377‐8889

滝口泰弘<正会員>No.2725

□■□■□■住宅医フォーラム2017■□■□■□

「災害とレジリエンス〜木造住宅の耐震性とは」開催決定のご案内です。

開催日時 2017年1月12日(木) 13:30〜17:20(交流会18:00〜)
開催場所 東京大学弥生講堂 一条ホール
対象者 住宅建築に関心のある方はどなたでも
募集定員 300名
参加費 無料(※申込が必要です)
交流会 18時より 別途5,000円(※事前申込が必要です)
申込締切 2017年1月5日(木)
申込方法 ●WEBより↓下記ページからお申込み下さい。
 住宅医フォーラム申込受付ページ
●FAXより↓チラシ裏面をA4印刷の上、
 FAX番号06-6458-5090まで
●メールより 必要事項記載の上、info@sapj.or.jp

【プログラム】

13:00〜 開場・受付
13:30〜 住宅医フォーラム 開会
13:30〜13:35 主催者挨拶
13:35〜13:50 熊本地震後の被災地の様子 4月16日から現在まで
エコワークス株式会社代表取締役 小山貴史
13:50〜14:00 住宅医スクール熊本の実施と特別講義ダイジェスト
住宅医協会理事 滝口泰弘
14:00〜14:45 特別講義/熊本地震の木造住宅構造的被害と今後のあり方(1)
京都大学生存圏研究所 教授 五十田博
14:45〜15:30 特別講義/熊本地震の木造住宅構造的被害と今後のあり方(2)
山辺構造設計事務所 代表 山辺豊彦
<休憩30分>
16:00〜17:10 パネルディスカッション 災害とレジリエンス
〜木造住宅の耐震性とは
・コーディネータ−/南雄三
・パネリスト/山辺豊彦 五十田博 古川保 池田浩和 小山貴史
17:10〜17:20 まとめ〜閉会の挨拶
18:00 交流会

※フォーラム開催中は、ホワイエにて賛助会員によるパネル展示有り
(開会前や休憩時間にご覧いただけます)

↓詳しくはこちら
http://sapj.or.jp/forum20170112tokyo/

主催:一般社団法人住宅医協会
後援予定:一般社団法人JBN

問い合わせ先
一般社団法人住宅医協会 事務局 藤村、岸本
----------------------------------------------
〒553-0003 大阪市福島区福島2-9-16
TEL:06-6454-3465 FAX:06-6458-5090

財満やえ子<正会員>No.0431

第58回「木の文化フォーラム」のご案内

皆様には、ご健勝にお過ごしのことと存じます。
 今回の講師の坂本茂さんは、ウェグナーがデザインしたYチェアの製造会社であるカール・ハンセン&サン社の日本法人に24年間勤務。2年前に退社するまでYチェアなどの販促・商品管理(検品・修理・輸入業務)に携わり、立体商標登録にも尽力。座編みは日本で最も速く仕上げると言われています。
 「Yチェアの誕生の背景、なぜ評判になっていったのか、Yチェアの立体商標登録取得の経緯とジェネリック家具」など、坂本さんが様々な観点からYチェアについて語り、座面のペーパーコード編み実演も行います。
 どなたでもご参加いただけます。皆様どうぞお越しください。

■日 時 2016年12月10日(土)14:00〜17 :00
■テーマ Yチェアの秘密(誕生の背景、立体商標登録の経緯、座編み実演)
■話題提供 坂本 茂 氏(木工デザイナー、『Yチェアの秘密』共著者)
■会 場 東京家政学院大学・三番町校舎1号館1304教室(正門左側校舎3階)
東京都千代田区三番町22
http://www.kasei-gakuin.ac.jp/guide/re_chiyoda.html
■アクセス JR、東京メトロ有楽町線・南北線、都営地下鉄新宿線
「市ヶ谷駅」から徒歩約8分(地下鉄 A3番出口)
・東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」から徒歩約8分(5番出口)
http://www.kasei-gakuin.ac.jp/site/access.html
■参加費 1000円(資料代等、フォーラム会員と学生は500円)
■申 込 参加希望の方は12月7日(水)までに下記事務局へお知らせ下さい。 

*『木の文化FORUM』第13号(2016年9月1日発行)をご希望の方も下記事務局へお申し込みください(頒布価格1000円)。
特集/師を語る(野村茂治・黒田辰秋・豊口克平・渡辺力・剣持勇・柳宗理・秋岡芳夫・永原實)
報告/木の文化フォーラム・第53回〜第56回の記録
連載/現代の名工に聞く「建築大工 高橋定信」
連載/木工の基礎\ 測る道具と墨付け道具

■事務局 木の文化フォーラム事務局
財 満 や え 子
Zaima Yaeko
財満住環境設計室
〒151-0071 東京都渋谷区本町1−59−4−301
Tel.03‐3377‐8655  Fax.03‐3377‐8889

市川 皓一<正会員>No.234

森の駅発グランドフォーラム2016
「自然乾燥木材で健康的な住宅を!」

 最近住宅建設界では、国産木材使用が流行の様に用いられます。
しかし、現在国産木材として一般に罷り通っている建築資材は、一週間以上高温乾燥された結果、木々が自らの成長で貯めた、7年分に相当するCO2を排出、木の生命を奪った木材です。
 本来、人が森や里で育った時代から戦前までの自然乾燥木材は、人と共にあり、住む人を健康にする要素を十分備えていました。
しかし、自然乾燥木材は、現在、流通木材の約1%まで激減、消費者である市民には、この事実が全く伝えられていません。
 戦後の住宅の速成簡便と、経済効率を優先し過ぎた結果です。
 この度、木材の健康力について、各々エビデンスを持つ講師陣を迎え、自然乾燥(又は低温乾燥)の国産木材が持つ健康力について、住む人々の健康に如何に役立っているかを解説して頂きます。
 国産木材使用の第一線におられる建築士並びに工務店の方々、また、これから健康的な住まいをと、お考えの市民の方々に、是非お聴き戴きたく思います。
皆様のお越しをお待ち申し上げております。

■東京大学農学部 弥生講堂
■2016年 11月 20日(日)13:00 開始 17:20 終了予定
会場:東京都文京区弥生町一丁目:地下鉄東大前下車徒歩2分
会費:3,000円/当日受付にて

――――――――――――― 第1部 セミナー ―――――――――――――
講演1
東大名誉教授 谷田貝 光克
「快適環境づくりに木の香り」
講演2
九州大学農学研究院准教授 清水 邦義
「無垢木材の良さの科学的検証」
講演3
東京建築士会会長 中村 勉
「自然共生型ゼロエネハウス」
講演4
東京大学大学院教授 酒井 秀夫(森の駅推進協議会 副代表)
「日本の森をより元気に」

―――――――――――― 第2部 フォーラム ―――――――――――――
フォーラム/16:10〜17:20(上記4氏によるパネルディスカッション)

終了後 レセプション開催予定 (参加費別途:2,000円)

■詳細ホームページ:http://www.trecasa.co.jp/goods/1120morieki.html
■お申込先:morinoekihatsu@m01.itscom.net
■お問合先:森の駅推進協議会 岡本(090-3210-0344)

深田 透<正会員>No.2748

木づかい交流会のご案内

三重県木材協同組合連合会は三重県から委託を受け、
三重県内の木材業者と首都圏の建築関係者、木材流通関係者等との交流会を開催します。

三重県では古くからスギ、ヒノキの密植による造林を行い、通直で木目のつまった優良な木材を育ててきました。このたび、これらの木材の利用拡大を目指して、三重県内の木材産業関係者と首都圏の木材ユーザー様との交流会を開催します。
皆様お誘い合わせの上、是非ご参加ください。

■日 時:平成28年11月16日(水) 18:30〜20:30
■会 場:三重テラス 2階イベントスペース(東京都中央区日本橋室町2-4-1)
■内 容:三重の木材製品の紹介、立食形式による交流会
■参加費:無料

下記、木づかい交流会出展者となります。

(1)三重中央木材加工協同組合
(2)松阪木材株式会社
(3)GR内装材協会
(4)野地木材工業株式会社

>> 概要・申込書(Word)
>> 出展4社カタログ(PDF)

三重県木材組合連合会
三重県木材協同組合連合会
専務理事 深田 透(ふかだ とおる)
三重県津市桜橋1丁目104番地
TEL:059-228-4715 FAX:059-226-0679
E-mail:fukada@mienoki.net

財満やえ子<正会員>No.0431

第56回「木の文化フォーラム」のご案内

皆様には、ご健勝にお過ごしのことと存じます。
 今回のフォーラムのテーマは、「木材と子どもの育ちや学びとの関わり」。
講師の浅田茂裕さんは、全国各地の学校などの建築物を調査して、建物の内装木質化の状況と児童・生徒・教員の健康や心身への関わりなどを研究されています。木質空間の快適性に関する研究内容の中から、木材と子どもの育ちや学びがどのように関わっているのかなどについて語ってもらいます。
どなたでもご参加いただけます。皆様どうぞお越しください。

■日 時 2016年9月10日(土)14:00〜17 :00
■テーマ 木材と子どもの育ちや学びとの関わり
■講 師 浅田茂裕(埼玉大学教育学部教授)
(研究分野:木質工学、木質材料学、木育関連)
■会 場 東京家政学院大学・三番町校舎1号館1304教室
東京都千代田区三番町22 *正門左側校舎(1号館)3階
http://www.kasei-gakuin.ac.jp/guide/re_chiyoda.html
■アクセス JR、東京メトロ有楽町線・南北線、都営地下鉄新宿線
「市ヶ谷駅」から徒歩約8分(地下鉄 A3番出口)
・東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」から徒歩約8分(5番出口)
http://www.kasei-gakuin.ac.jp/site/access.html
■参加費 1000円(資料代等、フォーラム会員と学生は500円)
■申 込 参加希望の方は、9月7日(水)までに下記事務局へお知らせ下さい。
■事務局 木の文化フォーラム事務局
財 満 や え 子
Zaima Yaeko
財満住環境設計室
〒151-0071 東京都渋谷区本町1−59−4−301
Tel.03‐3377‐8655  Fax.03‐3377‐8889

財満やえ子<正会員>No.0431

第56回「木の文化フォーラム」のご案内

皆様には、ご健勝にお過ごしのことと存じます。
この度は「軽井沢彫家具のこれから」と題して、軽井沢彫家具組合の組合長で大坂屋家具店の代表でもある土屋強平さんに、家具という伝統的工芸品の今後のあり方に就いて話題を提供頂きます。
避暑地の洋家具として誕生し、100年余りの歴史を持つ軽井沢彫家具が、洋風化した今日の日常的な生活環境に日本の家具として如何浸透すべきか、今後の生活文化の展開と事業に対する抱負などを語って頂きます。
どなたでもご参加頂けます。皆様どうぞお越しください。

■日 時 2016年6月11日(土)14:00〜16:30
■話 題 軽井沢彫家具のこれから
■講 師 土屋強平(軽井沢彫家具組合・組合長)
■会 場 東京家政学院大学三番町校舎1号館1214教室
千代田区三番町22番地TEL:03-3262-2257(代)
http://www.youcanpass.net/mediamap/view/864
正門左側校舎(1号館)左手階段で2階へ、左手ラウンジの奥の教室
http://www.kasei-gakuin.ac.jp/guide/re_chiyoda.html
■交 通 JR・営団・都営地下鉄「市ヶ谷駅」から徒歩8分(地下鉄 A3番出口)
■参加費 1000円(会員と学生は500円)
■申 込 参加希望の方は6月8日(水)までに下記事務局へお知らせ下さい。
■事務局 木の文化フォーラム事務局
財 満 や え 子
Zaima Yaeko
財満住環境設計室
〒151-0071 東京都渋谷区本町1−59−4−301
Tel.03‐3377‐8655  Fax.03‐3377‐8889

*今回から新会場です。お間違いなく。

財満やえ子<正会員>No.0431

『木の建築逍遥』を出版しました。

 42年籍を置いた東京造形大学を2015年3月末に退職しました。大学を辞するに当たり、「木の建築」を始めとする機関誌や印刷物へ書き散らした論考や雑文を集めて本にしました。
 予定を倍増する文量になって、大学の支援事業の枠も大幅に超えてしまいました。日頃お世話になっております皆様には、本来なら無償で配本しなくてはなりませんが、実費の一部支援をお願いして頂く次第となりました。頒布価格は2.000円/冊です(市販しておりません)。何卒、宜しくお願い申し上げます。2016年3月吉日

『木の建築逍遥』は2,000円/冊です
A5版、418頁、モノクロ写真・図版多数
お申込は、上部「出版物案内」内、その他出版物の出版物リストPDFまたはExcelにご記入いただき、FAXまたはメールにて事務局までお送りください。

松井郁夫<正会員>No.0792

第55回「木の文化フォーラム」のご案内

●「木組のデザイン」ゼミナール2016

美術講座のある入門コースから、軸組模型を造る上級コース、温熱計算の実践コースまで、幅広く木組の木造建築を学ぶ講座です。
座学だけでなく、手を動かしながら技術を学びます。

>>概要、申込書(pdf)


●「古民家再生ゼミ」2016

「古民家再生ゼミ」は2014年に始まり今回が2回目になります。
古民家から、木造住宅のルーツを学ぶ!
先人の知恵を現代に活かすため、座学だけではなく実測も行い、全5回で確実に実力のつく講座内容となっています。

>>概要、申込書(pdf)

(株)松井郁夫建築設計事務所
まちづくりデザイン室 事務局
〒165-0023
東京都中野区江原町1-46-12-203号
TEL 03-3951-0703 FAX 03-5996-1370
HP ad:http://matsui-ikuo.jp
e-mail:ok@matsui-ikuo.jp

財満やえ子<正会員>No.0431

第55回「木の文化フォーラム」のご案内

 皆様には、ご健勝にお過ごしのことと存じます。
 この度のテーマは、「戦後日本の木製家具」。講師の家具史家・新井竜治さんは、一昨年、今回のテーマと同名の大著『戦後日本の木製家具』(家具新聞社、A4判・520p)を上梓されました。同著は、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻「建築史研究室」在籍時の博士論文「戦後日本の主要木製家具メーカーの歴史的研究」から発展させたものです。
 フォーラムでは、次のような内容でお話いただきます。戦後の木製家具メーカーの家具に見られる意匠・材料・機能などの特質や変遷過程、変化の背景などの考察。これらを踏まえての主要メーカーの誕生・発展・衰退の過程についての解説など。
 どなたでもご参加いただけます。皆様どうぞお越しください。

■日 時 2016年3月12日(土)14:00〜16:30
■話 題 戦後日本の木製家具
■講 師 新井竜治(家具史家、芝浦工業大学・高崎経済大学・共栄大学非常勤講師)
■会 場 桑沢学園 法人本部 渋谷分室 82教室
渋谷区神南1-4-17桑沢デザイン研究所8F
http://www.kds.ac.jp/about/access/
■参加費 1000円(お茶代・資料代等、フォーラム会員と学生は500円)
■申 込 参加希望の方は3月9日(水)までに下記事務局へお知らせ下さい。
■事務局

*昨年9月に会誌「木の文化FORUM 第12号」を発刊致しました。ご希望の方は下記事務局へお申込み下さい。

Zaimayaekoアットgmail.com
(アットを@に替えてご使用ください)

財満やえ子<正会員>No.0431

人間工学の観点からの椅子のデザイン

 皆様には、ご健勝にお過ごしのことと存じます。
 この度のフォーラムのテーマは、「人間工学の観点からの椅子デザイン」。講師の椅子デザイナー・井上昇さんは、岡村製作所開発部を経て米国のCranbrook Academy of Artsに留学。帰国後、いのうえアソシエーツを設立し、イトーキ・サクラルチェア、AWAZAシリーズなど数多くの椅子デザインを手掛けてこられました。1999年、「椅子塾」開講。2015年1月、リビングデザインセンターOZONEに「椅子とテーブルのギャラリー」をオープン。著書に『椅子 人間工学・製図・意匠登録まで』(建築資料研究社)。経験豊富な井上さんから、椅子デザインにおける人間工学の重要性などについて語っていただきます。どなたでもご参加いただけます。皆様どうぞお越しください。

■日 時 2015年12月12日(土)14:00〜16:30
■話 題 人間工学の観点からの椅子のデザイン
■講 師 井上 昇(椅子デザイナー)
■会 場 桑沢学園 法人本部 渋谷分室 82教室
渋谷区神南1-4-17桑沢デザイン研究所8F
http://www.kds.ac.jp/about/access/
■参加費 1000円(会員と学生は500円)
■申 込 参加希望の方は12月9日までに、下記事務局へご連絡下さいますよう。
■事務局 Zaimayaekoアットgmail.com
(アットを@に替えてご使用ください)

*9月に会誌「木の文化FORUM 第12号」を発刊致しました。ご希望の方は事務局へお申込み下さい。

嶋影健一<正会員>No.2748

KUMIKO木の家講座Part12「森の木が家になるまで」参加者募集

当会は福島県産材で板倉工法の家づくりをしております。
 これは春から7回シリーズで山の木についてから始めて、伐採〜木の家での住み心地まで学ぶ講座です。
山から運ばれた木が市場でどのような加工をされて木の家建築に使う材木となるのかご覧いただきたいと思い、企画しました。
対象はエンドユーザーさんですが、お施主さんにお見せしたい方、ぜひどうぞ。
 新幹線郡山駅から車で30分程と距離があり、車で来れる方となってしまいますがご参加お待ちしております。

■開催日時 11月7日(土)10時〜12時
■開催場所 福島県郡山地区木材製材協同組合
(福島県郡山市田村町大六149-10・024-965−1270)
■案内人 宗形芳明 福島県木材協同組合連合会 専務理事
■申込み・
 問合せ先
地球と家族を考える会 事務局 羽生
TEL:024−923−5400
E-mail : earth-family@k2.dion.ne.jp
■参加費 500円

詳しくはこちらをご覧ください。